×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

薄毛の原因

髪の毛のサイクルについて。

髪の毛には、実は一本一本に寿命があり、だいたい5年前後の周期で生え変わっていきます。

この周期的な生え変わりのことをヘアサイクルといいますが、ヘアサイクルは成長期、移行期、休止期に分けられています。

・成長期

毛母細胞が活発に分裂を繰り返し、髪の毛が成長する時期。人によって期間に違いはありますが、男性が3〜5年程度、女性が4〜6年程度といわれています。

・移行期

髪の毛の成長が止まり、毛乳頭と毛母がはなれ始めます。この機関は、男女ともに2週間前後だといわれています。

・休止期

休止期は寿命の終わった髪の毛が抜ける時期です。抜ける時期ですが、その毛根の奥では新しい毛の発育がすでに始まっていて、生え変わるといった状態です。
期間は男女とも3ヶ月程度だといわれています。

頭皮が健康で、薄毛の心配の全く無い健康な人でも、この休止期の脱毛は一日に50〜60本は抜けてしまうので、多少抜け毛があるからといって心配するひつようはありません。

髪の毛の本数は、個人差はありますが、約10万本とされています。そのうちの50本ですから全然心配要らないというもの納得できるとおもいます。

しかし、男性ホルモンや生活習慣の悪化などの理由で、ヘアサイクルが乱れてしまうことがあります。
まだ休止期に入っていないのに抜けてしまったり、新しい毛が生えてくるのが遅れたりと、いろいろ問題が起こってきます。

コレがつまり、薄毛と言う状態を引き起こしています。

ヘアサイクルが乱れてしまう原因のひとつに、毛細血管の中を流れる血液循環のあったが上げられます。血流が滞ることによって、髪の毛に運ばれるはずの栄養が運ばれなくなるため、その結果として髪の毛の成長が遅れてしまうという状態になってしまうのです。

髪の毛は一日でどのくらい伸びるのか・・・。

個人差はあるとは思いますが、一般に頭毛全体とすると一日平均0.35o前後伸びるといわれています。つまり一ヶ月で約1cm伸びると考えていいようです。

また、頭だけでも成長に違いがあるらしく、頭毛以外の毛もそれぞれに伸び方のスピードに差があるみたいです。

どんなシャンプーを選ぶのが一番良いのか・・・。

皮脂が多いと、頭皮の毛穴が詰まってしまい、そこから雑菌が繁殖したり、毛が生えにくくなったりするので気にする方も多いとは思いますが、逆に皮脂を取りのぞきすぎてしまうと、かえって皮脂の分泌量が増えてしまうことになる場合があるので、洗いすぎには注意です。

石油系、アルカリ性シャンプーは皮脂を取るためにはいいのですが、なにぶん洗浄力が強く、アルカリ性のシャンプーの場合は髪の毛や頭皮のンパク質を壊す危険性もあります。

実は、髪の毛や頭皮の汚れは、お湯で頭を洗うだけでもほとんどが落ちてしまいます。落ちないで残ってしまうのは、老化した角質や皮脂、整髪料などだけなので、そもそも強力な洗浄力はシャンプーにはいらないのです。

なので、弱酸性のシャンプーや、アミノ酸系のシャンプーなどを使ってやさしく洗うのが、薄毛や抜け毛を気にする方にとって重要なことだといえるでしょう。

頭皮の脂、べとつきが気になってしょうがない・・・。

皮脂の分泌が多くて、優しく洗っていても全然すっきりしないという方には、シャンプー前にオリーブオイルや椿油、ゴマ油などをつけてマッサージすると言うのは、頭皮に詰まった脂を除去するという目的においては有効だと思います。

最近良く目にするようになってきた「ホホバオイル」と言うものがありますが、
ホホバオイルは、頭皮と毛茎に素早く浸透し、頭皮の毛穴の古い皮脂をとりのぞき、皮脂分泌を正常に戻す働きがあるとされています。

頭皮の脂がおおくて気になる方は一度試してみると良いかも知れませんね。

フケが多くて気になる場合は・・・。

通常は、こまめに洗髪をして、頭皮をきれいにしていればフケは少なくなっていくのですが、いくら洗ってもフケが出てきてしまうという場合、ちょっと原因が違ってきます。

これは、適度な油分と水分で頭皮にくっついている角質を、洗浄力の強すぎるシャンプーで洗いすぎた結果無理にはがしてしまい、、コレが細かい、ぱさぱさとしたフケになって出てきてしまうものです。この場合は、刺激の少ないシャンプーを使用するか、洗髪の回数を減らすというのも効果的です。

ただ、あまりにもフケが沢山出る場合は、皮膚科にいって 見てもらうようにしましょう。何かしら他の原因がある可能性もありますからね・・・。

水泳は、薄毛にはよくないの?

水泳という運動は、有酸素運動ですし、新陳代謝を活発にしてくれるので薄毛・抜け毛予防には最適な運動なのですが、プールの「塩素」が髪や頭皮をいためてしまうということを気にされる方もいると思います。

確かに、プールに入っている塩素は髪を傷めますし、頭皮もそれなりにいためてしまうとは思いますが、プールの塩素が直接薄毛の原因になるかと言うとそこまで強い影響はないといわれています。
塩素といっても極微量のものですし、水泳の後に、髪をしっかりと水で洗い流したら、気になるならその場でシャンプーをしてしまうといった対策で十分だと思います。

それでも気になるなら水泳をやめてしまうのもひとつの手だとは思いますが、せっかく水泳が楽しいなら、続けるべきだとおもいますが・・・。

発毛の効果が感じられるのは、どのくらいの期間ですか?

毛乳頭と言うところで髪の毛は作られていきますが、この毛乳頭で作られた毛が表皮に達するのにだいたい80日かかるといわれています。

表面に達して、ようやくうぶげとして確認できてから、それが抜けずに、きちんと成長期の毛となるかどうかを見極めるのには、だいたい半年は見ておかないと効果は感じられないということになります。

なので、効果が感じられないといって、育毛剤や、薄毛、抜け毛の改善を少しだけやってやめてしまうというのはちょっともったいない気がします。少なくともは年はやってみて、それでも改善が見られない場合は、また別の方法を考えるなり、継続するなり、選択すれば良いと思います。

髪の太さ、細さは薄毛、抜け毛と何か関係があるのか?

髪の毛が細くなってしまうと、髪全体のボリュームも少なくなって見えてしまうので、不安にある気持ちはわかりますが、髪が細いから髪が弱いということでもないようです。

今までよりも髪の毛が細くなってしまうということもよくあるようですが、食生活などが大きく変化すると髪が細くなることもあるようです。急激なダイエットなどもその原因になるようです。

問題なのは細い髪の毛が大量に抜けるようになったら、それはちょっと注意が必要かも知れません。と言うのも、通常のヘアサイクルで髪が抜けるのは、髪の毛が成長しきった状態で抜けるのが正常なのですが、細く、まだ完全に成長していない段階で抜けてしまうというのは、何らかの脱毛症の可能性もありますので、医師に診断してもらうことをおすすめします。

一時的に、ダイエットなど、心当たりがあるならば心配はないとおもいますが、あまりにも沢山抜けるようならぜひ見てもらってください。余計な心配もしなくてもすみますからね。

また、通常髪の毛は30才を過ぎる頃から細くなる傾向にあり、ホルモンの変化の見られる40才前後の女性の場合も、髪が細くなり場合があります。

薄毛・抜け毛に大切な栄養素をまとめました。

・アミノ酸
アミノ酸が合成されてたんぱく質になります。たんぱく質は、皮膚や血液、骨を作る大切な栄養素です。髪の毛の多くはケラチンと言うたんぱく質で出来ており、ケラチンの生成にはシスチン。メチオニンと言うアミノ酸が主になって生成される。
特に、全部で20種類あるうちの9種類は「必須アミノ酸」と呼ばれ、体内で合成することが出来ないので、体の外つまり食べ物やサプリメントでとる必要がある。

・ビタミンB
アミノ酸の分解や合成に必要な栄養素。当然、髪の毛を作るためには必要になってくる。髪の毛にとって特に良いとされているのはビタミンB2・B6・

・亜鉛
髪の毛の生成時に、必ず必要になるミネラルで、抜け毛の原因となる「ジヒドロテストステロン」をつくってしまう酵素「5αリダクターゼ」を抑制してくれる働きを持っている。

・ノコギリヤシ
コレもまた、抜け毛の原因になる「ジヒドロテストステロン」をつくってしまう酵素「5αリダクターゼ」を抑制してくれる働きを持っている。

・イソフラボン
女性ホルモンに似た働きをするため、女性ホルモンの減少による抜け毛などに効果が期待できる。美容によいので近年注目されている。

・カプサイシン
全身の血行を良くしてくれるので、髪の毛に必要な栄養を運びやすくなる。

・L-リジン
ミノキシジル、5αリダクターゼを抑制する成分などの作用を高めてくれる効果があるといわれる。

・ビール酵母
アミノ酸、ミネラル、ビタミンB群などの、髪の毛の成長に役立つ栄養素がバランスよく含まれているのでお勧め。

わさびが薄毛に効果あり?

「和わさびの香り成分は、育毛に効果あり」。名古屋市立大学大学院の岡嶋研二教授は、薄毛で悩む男女12人に和わさびの香り成分を飲んでもらったところ、75%にあたる9人で育毛効果が認められた、と発表した。

加工わさび最大手の金印(名古屋市)と研究者団体が開いた「わさびフォーラム」で発表した。

30代から50代の12人に、和わさび(西洋わさびでは駄目)の香り成分である「わさびスルフィニル」を一日1ミリグラム、「大豆イソフラボン」を一日75グラム(豆腐200グラム分)を6ヶ月間とってもらって、前後の頭髪の様子を写真で比べたところ、その中の9人は、人目でわかるほど髪がふえたという・・。

香り成分を摂取することで、知覚神経が刺激されることで成長因子が増え、毛根の細胞を再生させる働きが促されたということらしい・・・。この実験を行った教授は「育毛サプリメントができるのも夢ではない」といっているという・・。

「わさびスルフィニル」というのは、わさびに含まれている貴重な成分。
その機能性の中心の成分は、本わさびの成分「6-メチルスルフィニルヘキシルイソチオシアネート(6-MSITC)」で、野菜でもっとも強い解毒効果や、抗酸化作用、血流改善作用、がん細胞転移抑制作用、糖尿病合併症予防作用、花粉症軽減効果、アトピー性皮膚炎改善効果などが解明されていると言うことです。

昔からわさびは消臭効果や抗菌効果での目的で使用されていましたが、薄毛にも聞くとなれば、コレはまた注目されるのではないでしょうか・・・。

薄毛の原因と対策メニュー

夢を仕事にするためには