×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

薄毛の原因

遺伝・・男性ホルモン(テストステロン)が多いとはげやすい。

男性ホルモンの影響で起こる脱毛症のひとつ「男性型脱毛症(AGA)」というものがあります。男性の薄毛の大半はこのAGA、主に頭頂部、生え際などに薄毛が現れやすいです。

AGAの原因の全てが解明されているわけではないのですが、大きな原因のひとつとしてわかっているのが、男性ホルモンのひとつ、テストステロンが、5αリダクターゼという酵素によって変換された結果出てくる「ジヒドロテストステロン(DHT)」というホルモンによって、薄毛が引き起こされるというものです。

つまり、簡単に言うと、この5αリダクターゼという酵素を抑制できれば、男性型脱毛を抑制できるというわけですね。

また、出来てしまったDHTを抑制する成分もあります。

・フィナステリド・・・抗アンドロゲン薬の一種で、FDA(アメリカ食品医薬品局)にAGA治療薬として認可されている。育毛剤「プロペシア」の主成分。

・デュタステリド・・・AGA治療薬のひとつ。5α−リダクターゼのT型とU型両方に作用するので、フィナステリドより強力。アボダートの有効成分として配合されている

・ノコギリヤシ・・・ソーパルメットとも呼ばれる薬草の一種。
天然由来の成分なので、副作用が少ないことから、現在育毛剤の成分として注目されている。

ストレス、精神的な要因

精神的なストレスを受けることで、抜け毛が増えたり、薄げになったりしてしまうこともあります。

・血行不良・・・血行が悪くなると、単純に栄養がいきわたらなくなるため、発毛力がと湧くなり、薄毛の原因になってしまいます。強いストレスを受けると、自律神経が緊張してしまい、血管の収縮を起こして、結果、血流が悪くなってしまいます。

・不眠症・・・毛髪の成長しやすい時間があり、それは夜10時から2時の間だといわれています。この時間に睡眠をとると、より多くの成長ホルモンが分泌されるので、毛髪の成長が促されます。コレは髪の毛だけに限ったことではなく、体全体にいえることなので、お肌にも良いですね。

ストレスとうまく付き合っていくのには技術がいりますし、個人差もありますから一概に「こうしろ」ということ解決策はいえませんが、なるべく無理をしないように、思いつめすぎないように、がんばり過ぎないといったところでしょうか。

●食生活・・体を作るのは食べ物、髪の毛も同じですね。ではどんな栄養素が髪の毛を作るのかと言うと、「必須アミノ酸」と言う成分です。

体内には20種類のアミノ酸があるといわれていますが、その中の9種類が必須アミノ酸と呼ばれるものです。この必須アミノ酸は体内では作れないため、外から取り入れないと不足してしまうものなので、積極的に摂取するようにしたいですね。

現在では必須アミノ酸を必要な分だけ効率よく取れるようなサプリメントも出回っていますので、利用してみましょう。

また、無理なダイエットが元で抜け毛が増えてしまう女性も少なくないと聞きます。えいようが失われてくるとまっさきに影響が出てくるのが肌や髪の毛といわれているので、健康はとっても大事な要素すね。

不適切なヘアケア

ヘアケアと言うと、パーマやカラーリング、ワックス、ムースなどの整髪料などがあります。はっきり言うと、どんなヘアケアもしないほうが肌にはいいはずです。コレは間違いありません。頭皮や髪の毛をいためてしまうようなものは、できるだけ接しないのが言いに決まってます。ただ、そういうわけには行かないのですよね。

なので、できるだけ、頭皮や髪の毛に対してダメージの少ないものを選ぶ。日ごろからのケアをきちんとするなどして、対策をしましょう。

整髪料を沢山使う方は、シャンプーをきっちりとして、常に清潔に保つようにしましょう。

抜け毛が本格的に気になってきた場合は、思い切って整髪料の要らない髪型にしてしまうのが一番良いですね。

紫外線

紫外線を浴びると、頭皮に対してダメージが増えてしまい、結果抜け毛につながるということなんですが、一概には言えそうにありません。確かに浴びすぎるのは皮膚に対しては良くないです。ただ、健康な肌でいるためにはある程度は紫外線や日光に当てたほうがいいというのも事実なので、紫外線に対しては神経質になりすぎる必要はないと思います。

浴びすぎないように気をつければ、それで良いのではないでしょうか・・・。

過度の飲酒・喫煙

お酒は、適度に飲むのは問題ありませんが、飲みすぎるといけません。
これは抜け毛や脱毛に限ら無いですね。

お酒を飲みすぎるといない理由は、大量の飲酒は、肝臓への負担が増え、髪の毛を作る成分がなくなってしまうため、毛髪に栄養が行かなくなってしまうためです。

たばこは、血管を収縮させます。血管が収縮すると、血行が悪くなり、結果、栄養がきちんと運ばれなくなって、薄毛の原因となります。

残念ながら、たばこは百害あって一利なしです。びっくりするくらい事実です。
最近では、お医者さんと一緒に禁煙にトライできる環境も整ってきたので、ぜひやってみましょう。やめると、本当に気分が良いですよ。

不規則な生活

髪の毛が一番成長する時間帯が夜10時から2時の間なので、この間に睡眠をとると、髪の毛だけでなく、肌にもいい、成長ホルモンが分泌されます。

睡眠時間が不定期だったり、食生活も不安定だと、どうしても食べ過ぎや飲みすぎ、睡眠不足や寝すぎといった状態になりやくすなってしまいます。

できるだけ、規則的な生活を!そっちのほうが元気良く楽しく生活できますしね。

運動不足

運動不足も薄毛・抜け毛の原因になります。運動不足になるとどうしても全身の血行が悪くなり、その影響で頭皮の血行も悪くなっていきます。

継続的な運動をすることで、血行はだんだんとよくなっていくので、ぜひ日ごろから意識して体は動かすようにしてください。

薄毛の原因と対策メニュー

夢を仕事にするためには